BRANU BLOG

「カッコいい人を育て、カッコいい会社をつくる」を掲げるブラニュー株式会社の日常を、六本木の中心にあるオフィスから発信します。

2017/06/07

社員インタビュー!個人からチームへ意識転換。入社1年でサブマネージャーに昇格できた理由とは?

こんにちは。和木です。
社員インタビューも5回目を迎えました。 今回は、4月からWebソリューション事業部のサブマネージャーに就任した伊藤さんです。



アカウントプランナーとして意識していること

ーWebソリューション事業部に所属されていますが、どんな仕事内容なんですか?
「新規のクライアントに対してWebソリューションを提案する仕事です。具体的には会社が問題としていること、ネットからの集客だったり、人材獲得だったり。それらの経営課題を解決するテクノロジーを導入してもらって、会社の成長に繋がる仕組みづくりをするのが仕事だね。」

ー成績がいいですが何か秘訣はあるんですか?
「営業っぽさを出さないことですね。営業するというより、話をしに行くという感じで接しています。だから僕は普通に肘とかついちゃう。まあ、これは人によって良し悪しあると思うけど(笑)」

ーそれ大丈夫なんですか?
「試してるってわけじゃないけど、距離感を掴むことができるんだよね。クライアントの8割が建設業や運送業の方なんだけど、そこで働く人たちって人情味を重視する方がすごく多いんだよ。自分も運送会社に勤めてたからわかる。だから、変にかしこまって接しても壁を超えられないんだよね。それに、自分がクライアントの立場になって考えたとき、フラットに話ができるアカウントプランナーのほうが、信頼できると思ってるから。」

チームを率いるようになって


ーサブマネージャーという立場になって何か変化はありましたか?
「これまでは、自分1人の目標を追っていたんだけど、サブマネージャーになってからは、チーム全体がよりよい成績を残すにはどうすればいいかを考えるようになったね。」

ー具体的には?
「目標に対して、みんながどう動けているのかとか、進捗確認、遅れている課員に対して擦り合わせしたり。チームを率いるようになってまだ日が浅いので、今は課員とのコミュニケーションを大切する時期かなと思っています。」

ー課員とのコミュニケーションを大切にする理由は何ですか?
「間違った行動をすると結果に繋がらないので、結果が出ないのであれば行動パターンを見直す必要があるんです。コミュニケーションが足りてないと、間違った行動に気づけない。だから、課員1人ひとりとしっかり接して、今どんな計画で動いているのか、今後どんな行動をしていくのかを一緒になって考えるようにしています。でも、自分で考えて動いてもらえる組織を作ることも、これから取り組んでいかなければならない課題だね。」


ーマネジメントする立場になろうと思ったきっかけは何だったんですか?
「もともと行動派の人間で、常に新しいことにチャレンジできる環境を探して生きてきたんだけど、今回昇格のタイミングでチームを率いる立場になれる環境があったから、挑戦してみようと思って。本格的なマネジメントをやったことがなかったし、学べるチャンスがあるのに挑戦しない理由はないなと思ったね。」

ー入社1年目で昇格できた理由は何だと思いますか?
「これは仕事だけじゃなくて、何事においてもそうなんだけど、自分が最初に定めた目標に対してブレずに取り組むことだと思う。」

ーどんな目標だったんですか?
「1年間継続して安定した成績を残すこと。まずは自分がやるべきことに対してできることはすべてやろうと思って。そのおかけで今の結果に繋がってると思う。もちろん自分1人の力じゃなくて、周りのサポートがあったからだけどね。」

入社したきっかけ


ーブラニューに入社したきっかけは?
「ブラニューに入社するまえ、運送業のドライバーをやっていたんだけど、働くうちに先が見えなくなってしまって…。転職を考えているとき、インターネットは自分が生きているうちに絶対になくならないだろうと思った。ITの知識はなかったけど、そこに身を置くことで自分の価値を高めることができる、と思ったのがきっかけかな。後は実力主義で評価してくれるとこ。やっぱり成功していきたいって気持ちは持ってるからね。」

ー営業職も未経験?
「営業職は運送業のまえに不動産会社で。今使ってるスキルの基礎はそこでの経験が役立っていると思う!」

ーどんな経験をしたんですか?
「電話営業と飛び込み営業。特に飛び込み営業は、その辺に歩いている人に営業するんだよね。この部屋のオーナーさんになりませんか?って。だから、歩いている人みんながお客さんみたいな感じ(笑)そこでコミュニケーション能力を身につけることができたし、その経験が今に繋がっていると思う。」

これからの挑戦


ーこれからどんなことをしていきたいですか?
「直近だと、課員が安定して成績を残せるチームを作っていくこと。長期的な目標は、チームを見るんじゃなくて、部署全体を見るマネージャーとしてブラニューを牽引していける存在になることだね。」

「あと、メディアにも興味がある!例えば、企業のポータルサイトやオウンドメディアに広告の企画を提案したり…。まだ具体的ではないけれど、いつかメディア部門を動かしていきたい。そのためには、今のポジションをしっかり確立して、地に足つけたうえで新たな取り組みをしていきたいと思ってるよ。」

ー最後に、ダイレクトセールスの魅力ってどんなところにあると思いますか?
「Webソリューション事業部は新しいクライアントを開拓するために、相当なコミュニケーション能力が問われる仕事なんだけど、コミュニケーション能力って、営業じゃなくても人として大切なスキルだと思うんだよね。それを仕事を通して身につけることができのは、Webソリューション事業部の魅力かな。」

まとめ


今期からはチームを牽引する伊藤さん。社内イベントなどでは、中心となって場を盛り上げてくれる存在です!今回のインタビューで、物腰が柔らかく、落ち着きのある方だなという印象を受けました。定めた目標に対して、焦らずにまっすぐに進んでいく姿に軸の強さを感じました!