BRANU BLOG

「カッコいい人を育て、カッコいい会社をつくる」を掲げるブラニュー株式会社の日常を、六本木の中心にあるオフィスから発信します。

2017/04/25

社員インタビュー!入社3ヶ月の元スノーボーダーが営業で結果を出し続けることができるのはなぜ?

こんにちは。PRの和木です!
社員インタビュー第4回は、宮城県東北高校野球部出身で元スノーボード選手といった輝かしい経歴をもつ2児の父、コンサルティングセールスの美濃口さんです!



コンサルティングセールスについて


ー早速ですが、ブラニューではどんな仕事をしているんですか?
「お客様に、Webサイトを運営するにあたっての悩みを聞いて、改善方法を提案する仕事をしています。」

ー具体的にどんな提案をされているんですか?
「Webサイトが、スマホに対応していなかったり、問い合わせ方法がわかりづらかったりすることがあるから、自社開発CMSのParabola(パラボラ)を使ったリニューアルを提案しています。Parabolaは、レスポンシブデザインにも対応しているし、何よりWebサイトの編集が簡単にできるので、更新性もあがってよりお客様の目標に近づくためのWebサイトを提供できるようになるんだよね。」

ー営業をするうえで、気をつけていることはありますか?
「話さないことですね(笑)」

ーえ?どういう意味ですか?
「営業ってお客様のニーズや悩みを引き出すのが仕事だから、聞き役にならないといけないのね。だけど、僕おしゃべり大好きなんですよ!話しすぎちゃうんです(笑)だから、なるべく話さないように気をつけていますね。おしゃべり好きにとっては結構意識しなきゃできないことなんです。普段は、いつでも話しができるように口が半分空いているくらいだから!」

ー聞き役に徹することでどんな結果がでましたか?
「聞き役になることを意識しているけど、それだけで結果は出ないので、提案をするときにはおしゃべり好きを発揮している。あとは、スピーディーな対応を心がけるようにしているかな。その結果からか、お客様に美濃口くんと一緒に仕事したいと言ってもらえることが増えました。」



ー働くうえで何か意識していることはありますか?
「これは仕事以外にも言えることなんだけど、職位とか年齢とか性別とか関係なく、人に対して尊敬して接すること。尊敬していないと得るものも入ってこないと思っているので。あとは、素直でいることかな。言われたことはとりあえず全て試してみる。でも10個言われて10個同じことをやるのはロボットだから、そのなかから自分にあったものを選んで、独自のスタイルを作るようにしています。」

ブラニューに入社したきっかけ


ーブラニューに入社したきっけかは?
「前職では、外資系の製造会社で車の表面処理をする仕事をしていたんだけど、そこが年功序列の強い会社だったんだよね。もともとスポーツをずっとやっていたこともあって、やっぱり実力で勝負したいと思うようになったのがきっかけかな。年功序列、終身雇用なんて俺の辞書にはない!って思ったんだよね。実力を試すことができるのは今しかないと思ったし、上を目指さない人生なんてつまらないでしょ!」

ーえ!ということは営業未経験だったんですか?
「そうだよ!ITも未経験だし営業も未経験。それなのに採用してもらえて本当に感謝してる!手厚い研修もあって専門スキルを身につけることができたけど、まだまだ勉強の日々。通勤時間に本を読んだりして勉強しているよ。」

ー活躍されているのでてっきり経験者かと思っていました!
「これは本当にみなさんのおかげ!それだけ!だって、何もないところに飛び込んでも結果なんて出るわけないもん。みんなのいいところを見させてもらっているからの結果なんだよね!」

ーめっちゃくちゃかっこいいですね!
「そう、よく言われる(笑)」

スポーツマンの顔


ーずっとスポーツをやっていたと言っていましたが、何をしていたんですか?
「小2〜大学2年生までずっと野球をしていて、高校のときはまわりの力で甲子園に連れて行ってもらいました!」

ーすごい!ということは、野球選手を目指していたんですか?
「そうなんだけど、肩のケガをしちゃって…。一応大学も野球で入学したんだけど、ケガの影響で引退しました。」

ー野球部引退後は何をしていたんですか?
「野球をやめてスノーボードにハマってたんだけど、結局、就職をしないでプロのスノーボーダーを目指して活動してました。野球をやめたときは、何をすればいいのかまったくわからなくて路頭に迷ってたなあ…。公務員になろうとして専門学校にも通ったんだけど、3日で違うなと思った(笑)」


ースノーボーダー時代はどうやって生活していたんですか?
「スノーボードのショップに所属していないと出られない大会もあったから、ショップでアルバイトをしながらプロを目指していました。日本が夏になったらニュージーランドやカナダに行って練習していたので、1年の200日くらいは雪の上で生活していたかな。あとは、みんなの支援もあったので、5年くらいスノーボードにどっぷり浸かっていましたね。」


ー何か実績を残せましたか?
「全日本スノーボード選手権大会スロープスタイルに出ました!」

ースロープスタイルってどんな競技ですか?
「コースにあるジャンプ台やボックス、レールなどの障害物を使って、技を競い合う競技だよ。ソチ大会からオリンピックの正式種目にもなったんだよね。」


ーえ、人間ってこんなにジャンプできるんですか?
「不思議だよね!でもボードがあればできるんだよ(笑)」

ー異業種へのチャレンジですが、不安はありませんでしたか?
「最初は不安でした。でもスポーツも営業も、自分をいかに追い込むことができるかが大切なんですよね。常に課された目標以上を成し遂げることを自分の目標にしているんだけど、スポーツをやるうえでも、働くうえでも同じことが言えると思った!」

父親の顔

ーお子さんがいらっしゃるんですよね!
「うん!2人いる!上の子が3歳で下の子が1歳。」

ーかわいい盛りですね!
「ほんとかわいいよ!最近、子供の顔が親のどちらかと何パーセントの比率で似ているかを測定できるアプリがあって、この前、測ってみたら2人とも90%僕の顔に似てるっていう結果になったんだよね(笑)。血が強いのかな?」

ー休日はお子さんに時間を使う感じですか?
「うん!平日はあまり時間がとれないから、休日は家族サービスの日にしてる。だいたい横浜のズーラシアに行ってるから、僕に会いたかったらみんなズーラシアに来るといいよ(笑)。」


ースノーボードは今でも続けていますか?
「実は、子供ができてからサーフィンにシフトしました。スノーボードもたまに家族で行っているけど、移動に時間がかかるし、ほぼ1日潰してしまうことになるんだよね。サーフィンなら朝5時に出発して、子供が起きる時間には帰ることができるので続けられています。」

ー波の上に人って立てるんですね…!
「ボードがあれば立てるよ(笑)」

これから挑戦したいこと


ー今後ブラニューでやりたいことってありますか?
「これからもっと会社を大きくしていきたいと思っています。その中枢として働ける人間になりたいですね。あとは、支店も増やしていきたい!形のあるものに足していくことは誰にでもできることなので、ないものを作りあげていける人になりたいです。」

ーそのためには、どんな働き方をしていきたいですか?
「うちのシニアマネージャーのような働き方がしたいです。すごくメリハリがはっきりしている人で、尊敬しています。でも、メリハリって簡単なようで難しいね…。OFFにしようとしても、どこかで仕事のことを考えている自分がいる。生産性を上げるためにも、きちんと切り替えができるよう成長したいです。」

まとめ


終始、笑いに包まれていた美濃口さんのインタビュー。明るくて前向きで、話していると不思議と元気をもらえる人でした!人への尊敬と感謝の気持ちを忘れず、常に上を目指してチャンレンジしていく姿が、とてもかっこよかったです!

コンサルティング営業を募集しています!


業界未経験から営業とWebマーケティングを身につけ、Webコンサルタントとして活躍しませんか?