BRANU BLOG

「カッコいい人を育て、カッコいい会社をつくる」を掲げるブラニュー株式会社の日常を、六本木の中心にあるオフィスから発信します。

2016/12/16

不動産会社のPR動画制作を担当!リノベーション物件の動画撮影現場に密着しました!

こんにちは。
ブラニュー株式会社でライターをやっている和木です。
実は、デザイナーズ物件を見るのが好きです。憧れています。
先日はリノベ不動産加盟店、スリーエイト株式会社さんからのご依頼でリノベーション物件の動画撮影に同行してきました。



場所は目白台運動公園のほとり

今回の物件は目白台運動公園の側でアットホームなところ。
動画撮影日和の晴天に期待が高まります。
外観はごくごく普通のマンションで若干古め。
マンションリノベは外観と内装とのギャップが良かったりするんですよね!

玄関先から外観を裏切る部屋の内装が飛び込んできます。
土間が広く、ガレージハウスを連想させるような無骨なエントランスがかっこいい。
壁は黒板塗装されているため、落書きし放題です。

廊下を左に進むとリビングダイニング。
今流行りのIランドキッチン、憧れます。
これなら毎日料理できるはず・・・。

個人的に注目してもらいたいのが見せる収納です。
古いガス管を使った棚はお気に入りの本をディスプレイするのにぴったり。
無機質な雰囲気はアメリカンな家具との相性バッチリです!

撮影スタート!

最初の撮影は奥さん役の女性が自転車で駆け抜けるシーンから。
銀杏並木とクロスバイクが絵になります。

そして、撮影前半にして今回一番の難所となる自転車を持ち上げるシーンの撮影に突入です。
スマートな動画にすべく、数人の撮影メンバーが下から支えます。

苦戦しながらも頑張ってくれました。
その後は寝室、クローゼットと狭い空間のなかでの撮影が続きます。
真新しい壁や無垢材でできた床はデリケートなため、カメラマンたちも神経を集中させてます。

ここから旦那さんの出番。


今回の役どころは、家庭的な夫。
動画の様々なシーンで垣間見れるので要チェックポイントです。
まずは、コーヒーをサーブするシーン。
これが意外とむずかしく、いかにお湯をそれらしく落とすことができるかが勝負です。
でも、なかなか上手。

そして今回のテーマであるランチパーティーの撮影に入ります。
佳境です。

お料理を運ぶ人はもちろん旦那さん。
エプロンを装着し、モチベーションを高めます。
似合う・・・!

最後のカットは待ちに待った乾杯シーン。
お昼をとっくに過ぎていたため、みなさんうれしそう。
終始和やかなムードだったため、
出来上がりの動画はとても自然な仕上がりになりました。

これで撮影は終了!
今回はお天気にも恵まれ、楽しくワイワイと撮影が進みました!

今回のMVPは?

今回のMVPは旦那さん役の方。
乾杯時にビールの栓抜きがなく、開け方を調べていたところ、なんと歯で開けてくださいました。
歯が丈夫でしたで賞をお贈りしたいです。

完成動画はこちら!


無機質で男前な空間に柔らかさが吹き込まれ、物件の特徴であるインダストリアルデザインが際立つ動画に仕上がりました。
また、日常のひとコマを切り取ることで、この物件での暮らしをより具体的にイメージできるように演出しています。

動画制作では、クライアントが得たい効果や、動画の活かし方を見据えた提案することが大切。
ブラニューでは、そんな要望を超えるような動画をこれからも提供していきます!